Profile 会社概要

  1. Home
  2. Company 会社概要

私達Medi Legatoは、産官学の専門家と技術、サービスを結び、
日本とグローバルにおける医療とヘルスケアの課題共有と解決を促進する
「メディカルファシリテーター®」です。

「メディカルファシリテーター」「Medical Facilitator」は、日本の特許庁、EU、国連の知財機関WIPOに商標、役務として登録されています。

社名の由来

Medi =「メディカル」(Medical)
Legato =「結ぶ」「つなぐ」(Connect)

患者さんとご家族、医師、医療者、各分野の専門家をつなぎ、それぞれの強みを生かした連携と共働を促進する役割として名付けました。プロジェクトベースで日本とグローバルのチームを創り、学術研究と実践の両輪で、医療とヘルスケアの課題共有と解決を目指しています。

課題の顕在化 → 課題共有 → 課題解決に向けたコンサルティング → 共働促進

会社概要

社 名 株式会社Medi Legato / Medi Legato Co.,Ltd Tokyo
設立年月日 2011年12月19日(ひとにいきる)
E-mail project@medilegato.co.jp
お問い合わせ お問い合わせページよりご連絡ください。
会 員
  • ・厚生労働省 スマート・ライフ・プロジェクト 企業メンバー

    スマート・ライフ・プロジェクト

  • ・神奈川県 未病産業研究会 (ME-BYO) 会員企業
  • ・小児がん克服に向かって「認定NPO法人 ゴールドリボンネットワーク」
     法人賛助会員企業

代表プロフィール

代表取締役 CEO President&CEO 廣瀬 園子 Sonoko Hirose
代表取締役 President&CEO
廣瀬 園子 Sonoko Hirose (MBA, Medical Facilitator(R))
1972年 横浜生まれ。
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 博士課程前期修了(経営管理学修士:MBA)
大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 公衆衛生学教室 博士課程4年次在籍中。
- 研究テーマ -
Global Health、子供の健康教育、疾病予防と早期治療に向けた情報共有と行動変容の促進

国内金融機関、シティバンク銀行で14年間のコンサルティング業務に従事すると共に、10年間の闘病を経験。医療とヘルスケアの情報の非対称性と、疾病予防と早期治療の重要性を痛感。産官学連携でその解決に取り組む為、大学院での学術研究と日本とグローバルの医療現場でのフィールド調査を開始。
途上国の医師、医療者、患者さんとご家族からの要請も受け、修士課程在学中の2011年、「健康と医療に関わる人と人を結び、課題共有と解決を促進する社会起業」として、株式会社Medi Legato創業、代表取締役CEO。Medical Facilitator®

2013年 日本病院会・日本看護協会のご後援、心臓血管外科・循環器内科・透析治療専門医・看護師・臨床工学技師・医療機器企業・現地大学・日本語学校のご支援のもと、ベトナム国立バクマイ病院・看護学校にて「日・ASEAN友好40周年記念(外務省認定)日越友好40周年記念 慢性腎臓病の治療・技術支援・看護教育交流プロジェクト」主催。

2016年 世界保健機関(WHO)本部 (スイス・ジュネーブ)非感染症疾患部門に大阪大学大学院医学系研究科からインターン派遣勤務。(岸本国際交流奨学金)生活習慣病予防と早期治療に向けた広報戦略、企画立案等に従事。

学術研究と実務の両面から、疾病予防と早期治療の課題調査と連携促進、子供の健康教育、
インバウンドとアウトバウンドの保健医療人材支援、ソーシャルプロジェクトの企画、実行支援を行なっている。

修士論文「トータル健診システムの輸出とその波及効果が新規ビジネスモデルに寄与する可能性~タイを事例に~」(PDF)

【所属学会】

  • 日本公衆衛生学会
  • 日本疫学会
  • 日本国際保健医療学会
  • 国際臨床医学会
  • 日本循環器学会
  • 日本禁煙学会
  • 日本禁煙科学学会
  • 日本透析医学会

主な講演活動、講義 Presentations and Invited Lectures

2017年10月

第12回 日本禁煙科学学会学術総会(口演、優秀演題賞 受賞)
「タバコ・コントロールにおけるソーシャル・マーケティングの役割~WHO本部 タバコ・フリー・イニシアチブでの勤務とオーストラリア政府の取り組み事例をもとに~」
「WHO 西太平洋局の23 の国と地域の調査をもとにした若年層への禁煙教育と情報提供の一考察」

2016年10月

第10回 日本禁煙学会学術総会(口演)
「WHO東南アジア地域の13歳から15歳の能動喫煙と受動喫煙の実態~WHO本部タバコ・フリー・イニシアチブ インターン報告」(岸本国際交流奨学金 助成研究)

2016年9月

東京青年医会 第1360回 早朝勉強会
テーマ「世界保健機関(WHO)インターンシップ報告
~東京オリンピックに向けた産官学共働の考察~」

2015年8月

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 公開講演会
テーマ「グローバル社会における日本の医療ビジネスの国際展開」

2014年7~8月

日経 Biz アカデミー×立教大学大学院ビジネスデザイン研究科共同企画
「MBAIntensive2014 メディカルクラス」講師
テーマ「日本の医療の国際化新興国との医療連携 1・2」

2014年6月

東京青年医会 第1260回早朝勉強会
テーマ「ASEAN 新興国との課題解決型医工連携
~ベトナム国立バクマイ病院でのプログラムを事例に~」

2014年3月

東京女子医大・早稲田大学連携大学院(TWINS)
テーマ「ASEAN ・新興国との医工連携と双方向の医療者教育交流の可能性」

2013年10月

JETRO 大分・大分県・宮崎県主催 「東九州メディカルバレー構想」講演会
テーマ「ベトナムの医療機器について~透析の現状と課題~」

2013年8月

公益財団法人医療機器センター・医療機器産業研究所「第9回アジアヘルスケア戦略研究会」
テーマ「ベトナムにおける慢性腎臓病の治療・技術支援プログラム」

2012年6月

「全国歯科大学・歯学部附属病院診療放射線技師連絡協議会」総会・研修会
テーマ「アジアにおける医療ツーリズムの現状と課題」

他、企業・団体向け講演多数。

Advisory Board(アドバイザリーボード)はこちら

▲ ページの先頭へ