Project プロジェクト

  1. Home
  2. Project プロジェクト
  3. 「人の役に立ちたい」医学の道へ

2016/10/21「人の役に立ちたい」医学の道へ 朝日新聞 Asahi Shinbun「青春スクロール 母校群像記」に
廣瀬が掲載いただきました

朝日新聞 Asahi Shinbun(神奈川版、デジタル版)に、代表取締役CEOの廣瀬園子が横浜雙葉学園の卒業生として、医学の道に進んだ経緯について、同窓の皆様とともに掲載いただきました。

「人の役に立ちたい」医学の道へ

「無煙の東京五輪」を掲げ、望月ら国内外の専門家を招いた会議を企画する廣瀬園子(44、91年卒)
小学校の昼食のとき、「私の小さなこの力、みんなのために捧げます」と歌った。

自身の大病を経て公衆衛生の重要性を痛感。生活習慣病予防やアジアの医療環境改善のため、
調査や会議を企画・実施する。

「問題の大きさや自分の力のなさに苦しむとき、歌詩がよみがえる。少しでも役に立ちたい。それが雙葉で学んだ信念」




(クリックで拡大)

▲ ページの先頭へ